So-net無料ブログ作成
検索選択

石原知事、外国人参政権「絶対反対だ」 都議会で答弁(産経新聞)

 都議会定例会では3日、都議14人による一般質問が行われた。永住外国人の地方参政権付与問題について見解を問われた石原慎太郎知事は、地方の課題が国家を左右しかねないとして「絶対反対だ」と答弁、国の法制化の動きを牽制(けんせい)した。自民都議の質問に答えた。

 ◆議論は地方自治体で

 自民都議が「国会で(外国人地方参政権の)法制化をもてあそぶのは地方に失礼。地方自治体が議論すべきだ」として石原知事の見解を求めた。

 石原知事は「地方主権の時代の今日、国家的な課題を外国人が左右することがあっては絶対ならない。全国知事会でも十分論議して反対すべきだと申し込んだ」とし、国には「参政権という国家のありようや地方自治にかかわる事柄の重みをわきまえ、現場感覚を持ち、この問題を扱うべきだ」と注文をつけた。

 ◆八ツ場ダム

 別の自民都議から八ツ場(やんば)ダムの必要性について答弁を求められた石原知事は、「水は政の根幹でこれを治めることは国や自治体の責務だ。八ツ場ダムは利根川の治水計画の一翼を担う重要な施設。国に一刻も早く完成させるよう要請していく」と改めてダム建設推進を強調した。

 ◆大卒者の就職支援

 一方、民主都議は不況で就職先がない大卒者への支援について都独自の雇用対策を質問。

 都側は「3月中に区部と多摩のしごとセンターに『新卒緊急応援窓口』を設置し卒業後も就職活動を継続する新卒者に支援を実施する」とした。

 ◆子宮頸がん

 公明都議は子宮頸がん予防ワクチンについて、早期に全区市町村で公費助成を受けられるよう都の支援を要望した。

 都側は「区市町村対象の説明会を速やかに開き、ワクチンの有効性など情報提供を行い区市町村の取り組みの推進に努める」と前向きな姿勢を示した。

【関連記事】
外国人参政権、海外の実態は? 単純比較は不可能…日本固有の事情で議論を
外国人参政権法案の政府提出は困難 原口総務相ら
外国人参政権 政府・与党反対派の「声なき声」
外国人参政権「反対」を可決 栃木県議会開会、58件を上程
「政治とカネ」小沢氏の対応不十分は75% 「外国人参政権」は民主内にも反対論

<小沢幹事長>「トヨタ問題で対策を」谷亮子さんから要望書(毎日新聞)
宮崎3遺体 奥本容疑者「3人を殺した」と供述始める(毎日新聞)
貿易会社社長を書類送検=北朝鮮と韓国を無許可仲介−大阪府警(時事通信)
監禁致傷容疑で4人逮捕(産経新聞)
また虐待死…4歳次男に食事与えず放置 容疑の両親逮捕(産経新聞)

男性ひき逃げ容疑でタクシー運転手逮捕(産経新聞)

 男性をはねてけがをさせたまま立ち去ったとして、大阪府警住吉署は4日、自動車運転過失傷害と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで大阪市住吉区苅田のタクシー運転手、西野弘昭容疑者(65)を逮捕した。

 逮捕容疑は3日午後8時ごろ、タクシーを運転中に住吉区長居の市道で、同区長居西の無職、山佐茂さん(84)をはねたまま立ち去ったとしている。

 山佐さんは病院に運ばれたが、意識不明の重体。

 住吉署によると、西野容疑者は近くの病院の駐車場からバックで出ようとした際に山佐さんをはねたという。客は乗っていなかった。

 調べに対し「はねたのに気づかなかった」などと供述しているという。

山岡氏、主導の質問研究会でマニフェスト案検討も 党内中堅のガス抜きか(産経新聞)
消費者物価1.3%下落=11カ月連続マイナス−1月(時事通信)
<大津波・津波警報>官房長官「沿岸に近づかないように」(毎日新聞)
小野竹喬展 東京国立近代美術館で2日に開幕(毎日新聞)
「自殺」装い夫殺害容疑、妻ら5人逮捕(読売新聞)

元親族男? 焼け跡に遺体 亀岡・放火 レンタカー押収(産経新聞)

 京都府亀岡市の民家が放火され、この家に住む自営業の西村正人さん(59)と妻の豊子さん(59)がやけどを負った事件で、亀岡署は27日朝から、殺人未遂と現住建造物等放火容疑で現場検証を行った。焼け跡の1階居間付近から成人男性の1遺体が見つかり、府警は、遺体は豊子さんが火をつけられたと話した元親族の男の可能性があるとみて、身元の特定を急ぐ。

 また府警は、民家のそばの路上に止まっていたレンタカー軽自動車一台を押収し、男が乗り付けたものみて調べている。

 同署などによると、事件は26日午後7時40分ごろ発生。西村さん方に男が突然押し入り、夫婦と押し問答のすえ、ポリ容器に入った油のようなものを部屋にまき、火をつけたという。

 西村さんは全身をやけどし重体、豊子さんは顔などをやけどし重傷。豊子さんは火をつけた男について「妹の元夫」と話していた。夫婦と男には長年の金銭トラブルがあったという情報があるほか、近所の住人らは「離婚問題のことなどでもめていたこともあったようだ」と話しており、府警が慎重に調べている。

スノボ男子大回転・野藤 母楽しみ「メダルかじらせてくれる」(産経新聞)
<向精神薬横流し>院長に有罪判決 東京地裁(毎日新聞)
平成22年度予算案が衆院通過(産経新聞)
雑記帳 全国の雛人形16点 青森県立郷土館で展示(毎日新聞)
党のあり方など話した…? 小沢氏との会談で鳩山首相(産経新聞)

政府、天皇の公的行為で「統一的ルール設けない」 自共は反発(産経新聞)

 政府は25日、外国要人との会見など、天皇の公的行為に関して鳩山内閣がまとめた統一見解を公表した。公的行為に当たるか否かは「統一的なルールを設けることは現実的ではない」として、個々の事例に則して判断するとの見解を示した。また、公的行為の責任は内閣が負うと指摘。これまでの国会答弁で第一義的に宮内庁が責任を負うとしてきたことには触れなかった。統一見解に対して、自民党や共産党は「ルールを設けなければ天皇の政治利用を無制限に許しかねない」などとして反発を強めている。

 天皇の公的行為をめぐっては昨年12月、政府が「1カ月ルール」を破って天皇陛下と中国の習近平国家副主席の特例会見をセットし、「天皇陛下の政治利用」だと批判された。これを受け、平野博文官房長官が1月の衆院予算委員会で公的行為に関する政府見解を出すと表明していた。

 政府見解は、公的行為の基準について「各行事等の趣旨・内容のほか、天皇陛下が御臨席等をすることの意義や国民の期待など、様々な事情を勘案し、判断していくべき」だとした。また、公的行為に対する内閣の責任を「天皇の公的行為が憲法の趣旨に沿って行われるよう配慮すべき責任を負っている」と表現した。

 平野氏は25日の記者会見で「本来、憲法で言っている概念からいくと、天皇は国政に関する権能を有しないので、政治利用が存在することはあり得ない」と強調し、政治利用の論議自体を否定した。

 これに対し、共産党の志位和夫委員長は「天皇の政治的利用への歯止めがあいまいだ」と批判。自民党の谷垣禎一総裁は「象徴天皇のデリケートさというものに対して、まったく何の配慮もない。噴飯モノの解釈だ」と述べ、石破茂政調会長も「(公的行為の)ルールはいらないというなら、憲法の趣旨や陛下の立場を無視した考えられない見解だ」と指摘した。

■大原康男国学院大学教授の話

 「政府見解は歴代内閣の国会答弁などによって固められた見解を一通り再確認しているので、内容的に見れば問題ない。ただ、言及すべき事柄がある。第1に、公的行為は天皇のご意思が大きな意味を持つこと。第2に、公的行為の責任を第一義的に負う宮内庁は内閣府に属するといっても、長官は(天皇が任命する)認証官という重職だ。他省庁の次官らに対するように、官房長官や首相が機械的に指揮命令を発動できるものではない」

【関連記事】
「天皇の公的行為について」の政府見解全文
政治利用防止のルールは示さず 天皇の公的行為で政府見解
政権は多数派だけのものでない
小沢幹事長発言 天皇の意忖度は不適切だ
【小沢会見】「内閣の判断で天皇陛下が行動なさるのは当然」

羽生四冠が12年連続トップ(産経新聞)
少女側が告訴取り下げ=元Jリーガー釈放−東京地検(時事通信)
<気象庁>大津波警報を津波警報に変更(毎日新聞)
チリ巨大地震 「見る間に潮位上昇」 「いつまで続く」終日警戒(産経新聞)
埼玉男性殺害で地検、女を起訴=練炭自殺を偽装−千葉不審死も本格捜査へ(時事通信)

<1票の格差>東京高裁判決 「違憲」明言なしに原告不満も(毎日新聞)

 大阪広島両高裁に続き、衆院選での2倍超の「1票の格差」を不平等と認定しながら、「違憲」と明言しなかった24日の東京高裁判決。原告の弁護士グループは「ごまかされたようだ」と不満を漏らした。1960年代から国政選挙の格差是正を求める訴訟を主導してきた越山(こしやま)康弁護士が昨年11月に他界し、「弟子たち」が遺志を継いで判決を迎えた。ただし、「東京が違憲状態としたことは相当重い」と評価する声も出た。

 判決後に記者会見した原告の山口邦明弁護士は「1人別枠方式は、ずっとおかしいと主張し続けてきた。過去に最高裁でも『違憲』とする意見が出ているのに、是正の合理的期間が経過していないと言われても納得がいかない」と語気を強めた。

 一方、2高裁に続き不平等を認めた点には「裁判員制度の導入や政権交代で、裁判所の意識も少し変わってきたのではないか」と語り、笑みもこぼれた。

 山口弁護士は64年、越山弁護士が当時、司法試験の受験生向けに開いていた「越山ゼミ」に参加した。「1票の格差」訴訟のパイオニアの下、72年の衆院選を巡る訴訟に初めて加わり、最初の最高裁違憲判決(76年)を勝ち取った。以後、師匠を支えながら、衆院選や参院選の度に訴訟を起こしてきた。

 お互い好きな酒を酌み交わす時も、選挙訴訟のことしか話さなかったという。山口弁護士は今も時折、「『愚公山を移す』ような誰もやらない、ばかげた訴訟だが、山が移るまであきらめない」と語った亡き恩師の言葉を思い出す。

 この訴訟には「日本の民主主義がいつ世界レベルに追いつくか、検証し続ける歴史的意義がある」と考えている。「私も越山先生と同じ頑固者。火を絶やすわけにはいかない」と決意を新たにしていた。【伊藤一郎】

【関連ニュース
1票の格差:東京高裁判決 定数是正に早急な対応迫られる
1票の格差:2.30倍は違憲状態 東京高裁判決
1票の格差:衆院比例ブロックの定数配分は合憲 東京高裁
1票の格差:昨年の総選挙「違憲」と指摘 広島高裁の判決
8月衆院選:格差2倍で「違憲」 選挙は有効 大阪高裁

山口県で震度4(時事通信)
死者300人超に=太平洋広域に津波−被災者200万人・チリ大地震(時事通信)
寺院境内に男性遺体=二所ノ関部屋マネジャーか−大阪(時事通信)
<普天間問題>暫定移設先に無人島 社民党案全容(毎日新聞)
医療・介護ビジネスを将来の戦略分野に―産業競争力部会が初会合(医療介護CBニュース)

普天間、県内移設の可能性も示唆=官房長官、沖縄知事と会談(時事通信)

 沖縄県を訪れている平野博文官房長官は20日午前、同県の仲井真弘多知事と県庁で会談した。米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の移設問題について、仲井真知事が「私は県外移設がベストのつもりでお願いしている。それが政府に伝わっていないのではないか」と述べたのに対し、平野長官は「常にベストを求めていくが、ベターになるかもしれない」と応じ、県内移設となることもあり得るとの見通しを示唆した。
 また、仲井真知事がキャンプ・シュワブ陸上部(同県名護市)への移設案が政府内で検討されているかどうかをただしたのに対し、平野長官は「全くのゼロベースで、政府として米国と内々に交渉していることはない」と述べた。 

【関連ニュース
沖縄連絡分室を視察=平野官房長官
普天間陸上案は非現実的=自民・谷垣氏
地元・米・連立の壁=シュワブ陸上案、課題山積の折衷策
非公式打診を否定せず=普天間、シュワブ陸上案
シュワブ陸上案の問題点指摘=前原沖縄相

商品券1千万円超使えず 堺のスーパーが無届け販売、倒産(産経新聞)
「不当な差別」と朝鮮学校側=無償化除外で会見(時事通信)
<皇太子さま>皇室は時代時代で変化 50歳会見(2)(毎日新聞)
医師ら41人の行政処分を公表―厚労省(医療介護CBニュース)
奈良・中宮寺跡 塔の心柱建てたやぐらの柱穴が出土(産経新聞)

国会議員、倍増が必要=事業仕分け第2弾で−野田財務副大臣(時事通信)

 野田佳彦財務副大臣は21日、民放の報道番組に出演し、4月に実施予定の「事業仕分け」の第2弾に参加する国会議員の人数について、「(昨秋の第1弾は)少なすぎる気はした。倍くらい(の国会議員が)必要ではないか」と述べ、15人前後に増やすべきだとの考えを示した。
 第1弾では、当初、民主党の国会議員30人程度が、事業の必要性を評価する「仕分け人」として参加する予定だったが、党側が難色を示し、7人に減少。国民新党から1人が加わったが、計8人にとどまった。そのため、民間人の比重が高まり、判定結果の正当性に疑問があるとの批判が省庁などから上がっていた。 

アメ村暴行事件 19歳作業員を逮捕 京産大生殴り死亡させた疑い(産経新聞)
人気上昇前原国土交通相の危うさ JAL迷走、カッコつけトヨタ批判(J-CASTニュース)
地上へ一筋の光 ISSからシャトル帰還を撮影(産経新聞)
天井に飛ぶ乗客、渦巻く悲鳴…乱気流の機内(読売新聞)
小沢幹事長 「敗因は政治とカネ」認める 長崎県知事選(毎日新聞)

バス接触の女性死亡、運転士を逮捕 大阪(産経新聞)

 20日午前11時25分ごろ、大阪府豊中市中桜塚の府道交差点で、千里中央駅発津雲台7丁目行き阪急バスが、横断歩道を歩いていた女性と接触。女性は胸を強く打ち、死亡した。豊中署は自動車運転過失傷害の現行犯で、阪急バス運転士、油納裕志容疑者(32)=吹田市穂波町=を逮捕、容疑を同過失致死に切り替えて調べている。バスの乗客8人にけがはなかった。

 豊中署によると、死亡したのは豊中市南桜塚、無職、篠崎允子さん(76)。油納容疑者は「横断歩道の女性に気づいていた」と供述しているという。

【関連記事】
クレーン車が路線バスに追突 7人軽傷 東京・足立の環状七号線
京都市バスが電柱に衝突 乗客ら8人軽傷
「年始まったばかり…」Uターンラッシュ直前あわや大惨事
首都高の悲惨な事故 なぜ繰り返されるのか
スザンヌ妹マーガリン人身事故「友人宅に行こうとしていた」

米子自動車道で正面衝突=3人死亡、4人けが−鳥取(時事通信)
長妻氏は安全派、原口氏は積極派…年金運用で対立(読売新聞)
「小沢家には『言い訳をするな』の家訓がある」 民主・平野貞夫氏(産経新聞)
ボンバル機の部品交換怠る…全日空発表(読売新聞)
副大臣、首相指名の起用可能に=内閣人事局長、人選見直しも−政府(時事通信)

首相動静(2月21日)(時事通信)

 午前9時47分、公邸発。
 午前9時53分、東京・平河町の都市センターホテル着。同ホテル内の会議室で「こども食料セッション」に出席し、あいさつ。中山義活首相補佐官、佐々木隆博農林水産政務官同席。同10時31分、同所発。同35分、公邸着。
 午前10時57分、飯尾潤政策研究大学院大学副学長、松井孝治官房副長官が入った。
 午後0時20分、飯尾、松井両氏が出た。
 午後1時38分、荒井正吾奈良県知事が入った。
 午後1時54分、川勝平太静岡県知事、編集工学者の松岡正剛氏、松井官房副長官が加わった。
 午後4時7分、全員出た。
 22日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

お釈迦様もビックリ!! 「特大天井画」を寺院に奉納 山梨・市川(産経新聞)
消費増税論議、3月に開始=次期衆院選で争点に−菅財務相(時事通信)
<ソフトバンク>「王貞治ミュージアム」7月開館(毎日新聞)
<民事再生法違反>トランス社、増資の一部は架空か(毎日新聞)
地球上空に浮かぶ宇宙基地=新施設設置中の鮮明な写真−野口さん(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。