So-net無料ブログ作成
検索選択

「後ろ指さされないように」=政治とカネ、閣僚が持論―小沢氏意識した発言も(時事通信)

 「後ろ指さされないように」「汚いカネは使わない」。首相官邸で行われた新政権の閣僚記者会見では、政治とカネのあり方をめぐる質問が相次ぎ、各閣僚が持論を披露した。鳩山由紀夫前首相と小沢一郎前幹事長が政治資金問題を批判され続けた前政権時代には口が重かった再任閣僚からも、「クリーン」を強調した発言が目立った。
 菅直人首相の女房役、仙谷由人官房長官は「汚いカネを使うぐらいなら当選しなくてもやむを得ない」と断言。「カネで一線を越えることは絶対にやらない」と語気を強めた。
 岡田克也外相は「クリーンかどうかより、きちんと法律にのっとって政治活動をし、収支をきちんと報告するのがまず前提」と明言。野田佳彦財務相も「法をつくるものは法を犯さない。疑われた時はしっかり説明責任を果たす」ことが原則と説くなど、虚偽の収支報告書や説明不足が指摘された小沢氏を意識したような発言が相次いだ。
 「政治を浄化するには不断の努力が必要」としたのは原口一博総務相。ホームページに収支を公開していることを紹介し、「いささかも後ろ指を指されることがないようにするのが大事」と力を込めた。
 千葉景子法相も「一人ひとりが改めて襟を正し、自らの政治活動をできるだけ透明にしていく。原点に戻るのが大事」と述べた。 

【関連ニュース
【動画】菅直人首相、就任初会見
【特集】菅直人内閣閣僚名簿
鳩山首相が漏らしていた「辞意」
〔写真特集〕鳩山首相、苦悩の1カ月
首相臨時代理、仙谷氏が1位

議会質問はやぶへび? 知事の一声で路上喫煙禁止に(産経新聞)
県立受験やめれば合格=帝京五高、受験生に打診―愛媛(時事通信)
【from Editor】技術の進化に負けぬもの(産経新聞)
横浜・弁護士刺殺、犯行現場にスタンガン(読売新聞)
菅内閣15閣僚固まる、11閣僚再任へ(読売新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。